三井住友銀行カードローンについてご紹介します

三井住友銀行カードローンを使ったことはありますか?使ったことがない、これから使おうか悩んでいるという人のために三井住友銀行のカードローンについてご紹介します。

三井住友銀行カードローンの特徴は、

● インターネットや窓口、郵送など様々な方法でカードローンの申し込みができる
● 返済方法がATM、インターネットバンキング、口座振込と3つ選べる
● 返済日が1月に4回あり、好きなときを選べる

などがあげられます。

三井住友銀行カードローンを利用するメリットは、2つあります。1つ目は、金利が低めだということです。金利が4パーセントから14.5パーセントほどなので、他社よりもすこし安いといえます。

2つ目に、ATMで返済を行えるため、手数料が無料だという点です。手数料も1回につき100円かかると考えて10回返済すると手数料だけで1000円かかっているのはかなり負担が大きいと思います。そのため、手数料無料のATMが使えるのはおおきな利点だと思います。

三井住友銀行カードローンを利用するときのデメリットは、口座を持っていないと受けられないサービスが多くあるというところです。例えばホームページで自分の利用状況を確認したい場合にも口座が必要だなど、口座がないとすこし不便かもしれません。三井住友銀行カードローンについてよく知り、選択して後悔をしないようにすることが大切です。

三井住友銀行カードローンのタイプについて

三井住友銀行ローンには様々タイプがあり、フリーローンにも無担保型と有担保型があります。有担保型は、借り入れ枠が大きいタイプでフリーローンとは言え、大きな買い物をする時に向いているローンです。その為、店頭での契約が必須で担保が必要になります。

無担保型は、借り入れ枠が最大で300万円になっています。その分申し込みは、店頭窓口に限定されずネットでの申し込みや、ローン契約機での手続きなども可能となります。カードローンとの違いは、最大借り入れ枠の違いやフリーローンの場合、一度に借り入れをするというタイプです。

カードローンは、ネットで契約ができ口座を持っている場合は、来店無しで契約を完了できます。また、即日カード発行を希望する場合はローン契約機で手続きをすると、時間帯によっては可能となります。

最大限度額は、800万円で金利は4%から14.5%となっていて、返済日を選択できるという特徴があります。毎月5日や15日、25日、月末などの中から返済日の選択をして、余裕がある時は返済日以外でも返すことができます。銀行カードローンだけあり、金利は低めという点があり100万円以上の借り入れから、金利は徐々に低くなっています。

フリーローンや教育ローン

三井住友銀行ローンは、住宅や車や教育など費用の多くかかるものを購入するような際に利用できる目的ごとのローン、または使い道は自分で自由に選べるフリーローンがあります。特に住宅ローンに関しては、住み替えを希望する人向けに従来はローンを組むことが難しかった60歳以上の人でも利用できるものがあります。この60歳以上でも利用できる住宅ローンは返済は基本利息のみで、家の持ち主が亡くなって住宅を売却した際のお金でまとめて返済をすることになっています。

教育ローンやフリーローンについては、担保の必要なものと不要なものとで分けられており、担保が不要なものに関してはそれほど高額でないがお金を借りたいときに利用できることから負担の軽いものになっています。また担保が必要なものについては、担保を出している分高額のお金が借りられるのでまとまったお金が必要な際に利用可能です。

三井住友銀行ローンについては、担保の不要なものに関してはインターネットからでも申し込みが可能になっています。特にカードローンについては、審査結果も早ければその日のうちに連絡をしてもらえてすぐにお金を借りることができ、急にお金が必要になった際には便利です。